キーワード検索
 
AND検索
OR検索
ベターホーム協会 HOMEページ
オイルサーディンのフライパンパエリア

オイルサーディンのフライパンパエリア


オイルサーディンを使った、驚くほど手軽なレシピ。パーティの〆でも、ちょうど食べきれる、少量レシピです。
調理時間:30~60分
カロリー:255kcal
掲載書籍:月刊ベターホーム誌2012年11月
このレシピを印刷する
材料 〈4人分〉
オイルサーディン   1缶(正味70g)
  米用カップ1(180ml・150g)
パプリカ(黄)   1/2個(70g)
ミニトマト   6個
たまねぎ   1/4個(50g)
にんにく   1片(10g)
黒オリーブ(種なし)   8個(半分に切る)
A   
 水   200ml
 スープの素   小さじ1/2
 サフラン(あれば)   少々
 塩   小さじ1/3
 こしょう   少々
レモン(薄いいちょう切り)   1/4個
イタリアンパセリ(葉を摘む)   少々
作り方
1 オイルサーディンは汁気をきる。
2 パプリカは7~8mm角に切る。ミニトマトは1個を4つに切る。たまねぎとにんにくはみじん切りにする。鍋にAを合わせて、温めておく。
3 フライパンにオリーブ油大さじ1(材料外)を温め、たまねぎとにんにくを弱火で炒める。香りが出てきたら米を加えて、透き通るまで炒める。
4 3にAとパプリカ、トマト、オリーブを加えて、ざっと混ぜる。米の上にサーディンをのせる。沸騰したらふたをし、弱火で15分ほど炊く。
5 最後に20~30秒火を強めて、底に焼き色をつける。火を止め、10分ほどむらす。
6 ふたをとって、パセリとレモンを散らす。

メモ: サフランはやや高価だが、スープに加えるときれいな黄色に炊きあがる。色と独特の風味はつかないが、入れなくても作れる。

レシピや写真の無断転載はお断りします。 写真の著作権は各カメラマンに属しています。
このページは文字サイズの変更に対応しています。ご覧になりやすい文字サイズでご覧ください。



首都圏、京阪神、名古屋、札幌、仙台、
福岡の全国17ヵ所。和洋中の料理を習う
入門 コースから、和食の基本、パンや
お菓子教室 などさまざまなコースがあります。 1回からご受講いただけるチケットも販売中!
料理教室で使っている便利で丈夫な
調理用具や、おいしくて体にいい食品
などを通信販売できます。
                
詳細はこちら