キーワード検索
 
AND検索
OR検索
ベターホーム協会 HOMEページ
ぶどう大福

ぶどう大福


やわやわのおもちと、冷たいあんこと、ぶどうの酸っぱさが、絶妙のコンビネーション。冷たいうちに、パクリと食べましょう。
調理時間:15~30分
カロリー: kcal
掲載書籍:月刊ベターホーム誌2011年8月
このレシピを印刷する
材料  
ぶどう(巨峰・種なし)   8粒
白あん   120g
  
 白玉粉   100g
 水   130ml
砂糖   50g
かたくり粉   適量
作り方
1 ぶどうは皮をむき、表面の水気をペーパーでそっとふく。あんを8等分し、直径約5cmの円形に広げる。ぶどうを中央にのせ、包む。冷凍庫で冷やして、かたくする(3~4時間)。
2 耐熱容器に白玉粉を入れ、分量の水を少しずつ入れて、指先でつぶしながら混ぜる。ダマがない状態になったら砂糖を加えて混ぜる。
3 ラップをし、電子レンジで約2分(500W)加熱する。ぬらしたゴムべらで上下を返すように混ぜ、再びラップをして約2分加熱する。
4 まな板にかたくり粉を広げる。(3)のもちを電子レンジから出してすぐにゴムべらで全体を混ぜ、まな板にとり出す。もちの上にも、茶こしでかたくり粉を薄くふり、ケーキカードや包丁で8等分する。あら熱をとる。
5 手にかたくり粉をつけ、もちを直径約5cmの円形に広げる。(1)を中央にのせ、もちをひっぱりながら包み、口をつまんで閉じる(もちがほんのり温かい状態が、いちばん包みやすい)。
6 ※作りたてで、ぶどうがまだ凍っているうちに食べるとおいしい。

メモ: 8個分つくれます。もちでくるんだ状態での冷凍も可能(ただし、もちは少し固くなる)。冷凍庫から室温に出し、もちがやや溶けかかったところで食べるとよい。

レシピや写真の無断転載はお断りします。 写真の著作権は各カメラマンに属しています。
このページは文字サイズの変更に対応しています。ご覧になりやすい文字サイズでご覧ください。
教室は、首都圏、大阪、名古屋、札幌、
仙台、福岡にあります。
和洋中の料理を習う入門 コースから、
和食の基本、パンやお菓子教室 などさまざまなコースがあります。
1回からご受講いただけるチケットも販売中!
料理教室で使っている便利で丈夫な
調理用具や、おいしくて体にいい食品
などを通信販売できます。
                
詳細はこちら