キーワード検索
 
AND検索
OR検索
ベターホーム協会 HOMEページ
手まりずし

手まりずし


サーモン、卵、えびを使った、3種類のかわいらしい手まりずし。すし飯は、すし酢で手軽に作ります
調理時間:15~30分
カロリー:296kcal
掲載書籍:月刊ベターホーム誌2011年3月
このレシピを印刷する
材料 〈4人分〉
  米用カップ1・1/2(270ml)
  270ml
  大さじ1
すし酢   大さじ3
スモークサーモン   約60g
かいわれだいこん   1/6パック
レモン汁   小さじ2
レモン(薄い輪切り)   1枚
  2個
  
 砂糖   小さじ1
 塩   小さじ1/4
 酒   小さじ2
菜の花   1/8束
えび   4尾(120g)
  
 塩   少々
 酒   大さじ1
しそ   4枚
作り方
1 米はといで水気をきり、分量の水に30分以上浸水させます。酒を加えて炊き、熱いうちにすし酢を散らします。しゃもじで切るように混ぜ、さまします。
2 鍋に湯200mlと塩小さじ1/2(材料外)を合わせてわかし、菜の花をさっとゆでます。水気をしぼってさまします。縦半分に切り、長さを3等分します。
3 卵はほぐします。Aで調味し、いり卵を作ります。えびは殻をむいて、背わたをとります。Bで蒸し煮にし、厚みを半分にします。スモークサーモンは半分に切り、レモン汁をまぶします。レモンの輪切りは4等分します。
4 すし飯を12等分し(1個40~50g)、球状に丸めます。
5 ラップを広げ、酢少々(分量外)をペーパータオルで表面を塗ります。<レモンの輪切り+スモークサーモン+かいわれだいこん>、<菜の花+いり卵>、<えび+しその葉>をそれぞれくみ合わせてラップに置きます。すし飯をのせ、ラップをしぼります。

メモ: 計12個。ごはんは、1人45g×3個目安。「いり卵+菜の花」は厚みがあるので、ごはんを少し小さめにすると、ほかと大きさが揃います。ラップでしぼったまま30分ほどおくと、具とすし飯がなじんで、はがれにくくなります。

レシピや写真の無断転載はお断りします。 写真の著作権は各カメラマンに属しています。
このページは文字サイズの変更に対応しています。ご覧になりやすい文字サイズでご覧ください。



首都圏、京阪神、名古屋、札幌、仙台、
福岡の全国17ヵ所。和洋中の料理を習う
入門 コースから、和食の基本、パンや
お菓子教室 などさまざまなコースがあります。 1回からご受講いただけるチケットも販売中!
料理教室で使っている便利で丈夫な
調理用具や、おいしくて体にいい食品
などを通信販売できます。
                
詳細はこちら