キーワード検索
 
AND検索
OR検索
ベターホーム協会 HOMEページ
いちご桜餅

いちご桜餅


フライパンで皮を焼いて、あんを包むだけです。透けて見えるいちごの味と香りがさわやかで、ひな祭りやお花見にぴったりです。
調理時間:30~60分
カロリー:80kcal
掲載書籍:月刊ベターホーム誌2006年2月
このレシピを印刷する
材料 〈8人分〉
皮生地   
 白玉粉   10g
 水   150ml
 砂糖   20g
 薄力粉   70g
あん   
 こしあん   100g
 いちご   約10粒
  
 桜の葉の塩漬け   8枚
作り方
1 桜の葉はさっと水洗いしてから、水に30~40分つけて適度に塩を抜きます。
2 ボールに白玉粉を入れ、分量の水をすこしずつ加えては指先でつぶして混ぜ、かたまりがなくなったら、残りの水を混ぜます。砂糖、薄力粉を加え、泡立器で混ぜます。粉気がなくなったら、茶こしを通して別のボールにこします。ラップをかけて30分おきます。
3 あんは8等分にして丸め、少し細長くします。
4 いちご6粒から、5~6mm厚さの輪切りを16枚とります。4粒は縦半分に切ります。
5 フッ素樹脂加工のフライパンをごく弱火にかけ、ペーパータオルでサラダ油(材料外)をごく薄く塗ります。生地をおたまに七分目ほど(約大さじ1と1/2)とり、1点に流し入れます。おたまの裏で直径12cmの円形に広げます。
6 表面が乾いてきたら、裏返して軽く焼きます(表裏約1分ずつ)。平らな網にとってさまします。8枚焼きます。
7 皮の中央に、輪切りのいちご2枚を並べ、あんをのせ、四方の皮をたたみます。桜の葉を帯にして巻きます。いちごを飾ります。

メモ: 常温におき、その日のうちにお召し上がりください。

レシピや写真の無断転載はお断りします。 写真の著作権は各カメラマンに属しています。
このページは文字サイズの変更に対応しています。ご覧になりやすい文字サイズでご覧ください。
教室は、首都圏、大阪、名古屋、札幌、
仙台、福岡にあります。
和洋中の料理を習う入門 コースから、
和食の基本、パンやお菓子教室 などさまざまなコースがあります。
1回からご受講いただけるチケットも販売中!
料理教室で使っている便利で丈夫な
調理用具や、おいしくて体にいい食品
などを通信販売できます。
                
詳細はこちら